大きく分けて3種類ある高麗人参とは

高麗人参とは,種類

昔から健康のために使われてきたものの、高麗人参とは何かと聞かれると答えられない人は少なくありません。

 

高麗人参とは、昔から霊薬として知られていた薬用の人参のことです。東洋には、伝統薬物が数多く存在しますが、高麗人参は貴重な生薬として世界中で利用されているのです。

 

高麗人参の歴史は、漢方薬の歴史よりも長いのです。昔は、野生の高麗人参は貴重で、上流階級の人間だけが利用できたのです。

高麗人参は3種類

高麗人参は加工方法によって大きく3種類に分けられます。加工していない水参、皮をむいて乾燥した白参、皮をむかずに乾燥した紅参の3種類です。目的によって3種類の中から選んで使います。

紅参が最も貴重

紅参に分類される高麗人参は、サポニンの成分が最も多いと言われています。紅参は、見た目が赤く、長期保存が可能です。

サプリメントにも多く活用

乾燥させたものを粉末にして、サプリメントとして販売しているメーカーもあります。サポニンは、ほとんどの植物に含まれていますが、高麗人参における含有量は群を抜いて多いのです。さらに、高麗人参はサポニンの種類も豊富です。

栽培は難しいが栽培年数によって価値が変わる

高麗人参の原産地は、朝鮮半島、中国などです。日本に渡来したのは、享保年間で、現在は長野や島根などで栽培が行われています。

 

高麗人参の栽培は、非常に難しく、栽培年数によってランクが分かれています。サポニンの成分は、年数が上がるにつれて多くなります。

高麗人参に期待される効果

高麗人参は、滋養強壮効果や疲労回復効果が期待できます。

 

また胃を健康に保ったり、強心、鎮静薬としても使われています。食欲不振や消化不良の改善のために高麗人参を利用している人も多いです。高麗人参は、薬種として使うことも、お茶や薬膳料理に使うこともできます。

 

正官庄

>>効果とコストと成分で選んだ高麗人参サプリメント総合ランキングはこちら<<

【高麗人参について】記事一覧

正官庄の高麗人参,6年根,契約栽培

正官庄の高麗人参は、全ての品質が最高の状態で保たれているのが特徴です。日本では真似することが難しい特性を備えています。原料段階から厳しくチェック韓国政府の管轄のもとで生産されるために、最初から品質が低い原料は排除されています。生産体制には妥協する余地がなく、どこの国に出荷しても評価される内容になっているのです。天然物にも劣らない?!正官庄の高麗人参が素晴らしいのは、栽培物でありながらも有効成分の含...